失敗しない風俗の始め方を風俗初心者のあなたにこっそりお伝えしちゃいます

>

風俗ってとても儚いもの

 風俗産業は日本においてはグレーゾーンの曖昧な立ち位置にあります。これは戦後の日本ではSEXに対して後ろ暗い背徳行為のような印象がついてしまったためでしょう。戦前1950年以前、売春防止法以前は売春は立派な職業として成立していました。日本以外の海外では、合法とされている国と非合法扱いな国と意見が二分しています。どの国々でも、その存在を日本のように否定している国は多くありません。
 日本では性行為で対償を得ることは違法行為とされているため、その職業は法律上存在してはいけないことになっています。それでも、日本から性風俗産業が無くならないのは、ニーズが存在するからです。よく風俗嬢は「夜の蝶」と喩えられますが、儚げで朧な存在という認識、背徳的と印象付けられた行為をしているという退廃的なイメージがそこへ駆り立てるのかもしれません。

最終的には自己責任という大人の世界です

 風俗の日本での扱いや位置づけについて触れておきます。
今回、ここでおススメした風俗のソープランドとヘルスですが、先に触れたように「自己責任」で通わなければなりません。
日本には1957年に施行された「売春防止法」により「対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交する(売春防止法 第一章 総則第二条)」のは禁止されています。ですが、ソープランドやヘルスの「異性を相手に接触する性的サービスを行う(風適法第2条第6項1号または2号)」のは合法という矛盾で成り立っているのが性風俗産業なのです。

 最後に一つ忠告ですが、ほんのひと刻の快楽のために比較的高額な対価を払うくらいなら、その分で友人(恋人)と美味しいものを食べたり楽しむ時間を大事にしたほうが人生何倍も価値あるものが得られますよ。


自己責任が取れる大人だけが許される

この記事をシェアする